loading
このページの本文へ移動

富士通

東京 2020 東京オリンピック・パラリンピック競技大会へ向けて

  1. ホーム >
  2. 東京2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会へ向けて
東京2020 カウントダウン

東京オリンピックまであと何日?

日

東京パラリンピックまであと何日?

日

東京オリンピックまであと何日?

日

東京パラリンピックまであと何日?

日

富士通はデータセンターにて、競技運営に必要なアプリケーションやデータを扱うための
サーバ、ストレージやサービスなどを通じて、大会運営をサポートします。
scroll
  • 豊かで夢のある未来へ

    スポーツを観る人、スポーツをする人、
    スポーツを支える人。
    それぞれが描くTomorrowの姿を、ICTの力で1つひとつ、
    ともにかたちづくること。
    私たちは豊かで夢のある未来へ向けて、取り組んでまいります。※富士通は、文部科学省の提唱する
    「スポーツ立国戦略の目指す姿」に賛同いたします。

  • 革新的な未来へ

    オリンピック・パラリンピックは世界中の人・情報・インフラが密に交わり、
    大きなイノベーションを起こす場です。
    まさに富士通が掲げる顧客価値・社会価値を実現する
    「ヒューマンセントリック・イノベーション」と合致するものであり、
    安全で、確実な大会運営の実現に向けて、
    富士通のデータセンター技術による、サービス提供に寄与していきます。

  • 感動のある未来へ

    富士通は過去のオリンピック・パラリンピックを含め
    多くのスポーツ選手を輩出してきました。
    東京2020に向けて、
    引き続き選手育成に貢献するとともに、
    「データセンターパートナー」として、
    ICT技術を通じて新たな感動の提供に取り組んでいきます。

slide
slide
  • 豊かで夢のある未来へ
  • 革新的な未来へ
  • 感動のある未来へ
scroll

スポーツを通じた社会貢献

富士通グループでは、スポーツを通じた「挑戦の支援」「地域との共生」を目的に健全な社会活動を展開しています。

  • 富士通の陸上競技部の2014年11月に千葉県で開催された陸上教室の様子。全国の陸上競技力の向上とスポーツの発展に寄与しています。
    © FUJITSU SPORTS

  • アメリカンフットボール部「フロンティアーズ」の地域貢献。2010年から拠点の川崎市内の小学校で開催している「ふれあい教室」の様子。
    © NANO Association

  • 女子バスケットボールの強豪となった「レッドウェーブ」は、小学生への実技指導「ふれあい教室」を川崎市内で10年続けて行っています。
    © NANO Association

scroll