富士通

元のページへ戻る

 TOPページ |  棋士紹介・大会概要 |  トーナメント表・対局棋譜 


第18回 富士通杯 達人戦(2010年)

第18回 富士通杯 達人戦(2010年)

  • 開催期間:2010年5月下旬 ~ 9月4日(決勝戦:有楽町・朝日ホール マリオン)
  • 決勝戦は、79手にて佐藤九段が勝利しました。対局棋譜をご覧になれます。
佐藤九段が初出場で初優勝。「最年少達人」となる。
今年で18回目を迎える 富士通杯 達人戦「決勝戦」が、9月4日(土曜日)、有楽町・朝日ホールにて行われました。
“若い”実力者同士の対決となった今回は史上最多優勝と初出場初優勝を賭けた、白熱した一戦となりました[写真1、写真2]。 結果は79手にて佐藤 康光 九段が勝利。初出場で初優勝となり、「史上最年少達人」が誕生しました。(これまでの記録:谷川九段 42歳5ヶ月-2004年第12回大会、今回:佐藤九段 40歳11ヶ月)
感想戦の後、表彰式が行われ、佐藤九段には日本将棋連盟より賞状と優勝賞金、朝日新聞出版より優勝カップ、富士通株式会社からは副賞の目録が授与されました[写真3]。 5月から半年に渡り、ご声援いただきありがとうございました。
舞台上の模様

[写真1]舞台上の模様

会場の様子

[写真2]会場の様子

副賞目録授与

[写真3]表彰式の様子



棋士紹介・大会概要

出場棋士紹介、出場基準、対局方法

トーナメント表対局棋譜

大会トーナメント表・対局棋譜をFlashで紹介


主催:週刊朝日 / 日本将棋連盟

対局結果・棋譜

対局 先手 後手 結果 棋譜
決勝戦 佐藤 康光 九段 谷川 浩司 九段 79手にて
佐藤九段の勝ち
棋譜鑑賞
(新しいウィンドウで表示)
準決勝第2局 加藤 一二三 九段 佐藤 康光 九段 98手にて
佐藤九段の勝ち
棋譜鑑賞
(新しいウィンドウで表示)
準決勝第1局 塚田 泰明 九段 谷川 浩司 九段 110手にて
谷川九段の勝ち
棋譜鑑賞
(新しいウィンドウで表示)
2回戦第4局 加藤 一二三 九段 桐山 清澄 九段 165手にて
加藤九段の勝ち
棋譜鑑賞
(新しいウィンドウで表示)
2回戦第3局 南 芳一 九段 佐藤 康光 九段 134手にて
佐藤九段の勝ち
棋譜鑑賞
(新しいウィンドウで表示)
2回戦第2局 塚田 泰明 九段 高橋 道雄 九段 77手にて
塚田九段の勝ち
棋譜鑑賞
(新しいウィンドウで表示)
2回戦第1局 内藤 國雄 九段 谷川 浩司 九段 92手にて
谷川九段の勝ち
棋譜鑑賞
(新しいウィンドウで表示)
1回戦第2局 青野 照市 九段 佐藤 康光 九段 136手にて
佐藤九段の勝ち
棋譜鑑賞
(新しいウィンドウで表示)
1回戦第1局 高橋 道雄 九段 中田 宏樹 八段 85手にて
高橋九段の勝ち
棋譜鑑賞
(新しいウィンドウで表示)

モバイル版

各対局の結果や、棋士プロフィールをご覧いただけます。
  • QRコード    携帯電話のQRコード読み取り機能をご使用ください。(3キャリア対応)

過去の 富士通杯 達人戦 一覧

第1回(1993年)からの大会一覧です。トーナメント表、対局棋譜(第1回から第8回は決勝のみ)、週刊朝日観戦記者による棋譜解説(第1回から第13回は決勝のみ)をご覧になれます。

(c)japan shogi association. 棋譜・画像類の無断転載を禁じます。個人でお楽しみ頂く範囲でご利用下さい