富士通

元のページへ戻る

 TOPページ |  大会開催概要 |  出場棋士紹介 |  本戦組み合わせ |  対局棋譜 


第18回世界囲碁選手権・富士通杯
本戦組み合わせ

大会日程・会場

日時 大会項目 会場
4月9日(土曜) 10時~ 一回戦(8 対局) 日本棋院会館
4月11日(月曜) 10時~ 二回戦(8 対局) 日本棋院会館
6月4日(土曜) 10時~ 準々決勝戦(4 対局) 韓国・ソウル
7月2日(土曜) 10時~ 準決勝戦(2 対局) 日本棋院会館
7月4日(月曜) 10時~ 決勝戦、3位決定戦(2 対局) 日本棋院会館

本戦トーナメント表(準々決勝の組み合わせは二回戦勝ち抜き8棋士による組み合わせ抽選)

劉昌赫九段(韓国)結城聡九段(日本)エドゥアルド・ロペス アマ六段(南米)羽根直樹(日本)王檄五段(中国)江鋳久九段(北米)依田紀基(日本)中小野田智己九段(日本)李世ドル九段(韓国)周俊勲九段(中華台北)石田芳夫九段(日本)兪斌九段(中国)崔哲瀚九段(韓国)張栩九段(日本)周鶴洋九段(中国)朴永訓世界選手権者(韓国)王銘エン九段(日本)金成龍九段(韓国)宋泰坤七段(韓国)山城宏九段(日本)常昊九段(中国)李昌鎬九段(韓国)古力七段(中国)タラヌ・カタリン五段(欧州)

二回戦(一回戦勝ち抜き8棋士及び二回戦より出場のシード8棋士による組み合わせ抽選/▲印は先番)


237手で黒番中押し勝ち144手で白番中押し勝ち182手で白番中押し勝ち346手で白番1目半勝ち247手で黒番1目半勝ち266手で白番1目半勝ち124手で白番中押し勝ち256手で白番3目半勝ち

朴永訓世界選手権者(韓国)王銘エン九段(日本)劉昌赫九段(韓国)結城聡九段(日本)李昌鎬九段(韓国)古力七段(中国)崔哲瀚九段(韓国)張栩九段(日本)宋泰坤七段(韓国)山城宏九段(日本)依田紀基九段(日本)李世ドル九段(韓国)羽根直樹九段(日本)王檄五段(中国)周俊勲九段(中華台北)兪斌九段(中国)

青文字の棋士は二回戦からのシード

一回戦(二回戦より出場のシード8棋士を除く16棋士による組み合わせ抽選/▲印は先番)


200手で白番中押し勝ち267手で白番半目勝ち244手で黒番8目半勝ち167手で黒番中押し勝ち248手で黒番3目半勝ち161手で黒番中押し勝ち224手で白番中押し勝ち159手で黒番中押し勝ち

山城宏九段常昊九段王銘エン九段金成龍九段石田芳夫九段兪斌九段古力七段タラヌ・カタリン五段張栩九段周鶴洋九段中小野田智己九段李世ドル九段王檄五段江鋳久九段結城聡九段エドゥアルド・ロペス