このページの本文へ移動

クリエイティブリレー 第2弾
広告メイキング

広告に込められたさまざまな想いやこだわり、そして一風変わった制作現場の様子を、メイキングフォトとともにご紹介します。

広がる宇宙の正体は?

真っ白な空間に横たわる人。そして、その頭の上に浮かぶ黒い雲のような物体。
これは、富士通の技術者が夢の中でも思い描く宇宙の様子をイメージしています。実はこの「宇宙」、CGではなく、リアルな「スライム」と「パステル」で作ったもの。ゼリー状のスライムを思い通りの形にするのはかなり難しく、試行錯誤を繰り返しながらの作業となりました。細部にまでとことんこだわったスライム宇宙。ぜひ注目してみてください。

夢の周りに集まる子どもたち

夢の中の宇宙を、周りからワクワクしながら覗き込む子供たち。
モノトーンの世界観の中で描かれている、ちょっと不思議な風景は、この広告唯一の別撮り合成によるもの。「驚き」の対象物がない中での撮影に最初はちょっと惑気味だった子供たちでしたが、最後はびしっと決めてくれました。

登場する男性、実は本当の…

小さな白い木の横で寝ている男性。この人、実際にすばる望遠鏡のシステムを担当している富士通の技術者なんです。本人曰く、「初めての経験で、横になるだけでもかなり緊張しました。」とのこと。
技術者をガリバー的な存在として表現するために小さな木を合わせ、スライムで作った宇宙ともにワンカットで撮影しました。
大きさ、色味、質感などのバランスを意識しながら、撮影とカメラチェックを何度も行ったこだわりの1シーンです。