このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 広告宣伝 >
  3. AD World >
  4. クリエイティブリレー >
  5. 第1弾 藤田誠さん テーマ:農業クラウド

クリエイティブリレー 第1弾 藤田誠さん
テーマ:農業クラウド

おいしいみかんに、富士通のICT。

和歌山の早和果樹園のみなさんは、
おいしいみかんをお客さまに
届けるために寒い日も猛暑の日も、
みかん栽培に励んでいます。
私たち富士通は、ICTによって、
みかんの生育状態や異常事態などを
見える化して、よりよい品質のみかんが
できるようお手伝いしています。
ICT技術をつかえば、
日本の農業をもっと強くできる。
そんなふうに私は今、思っています。

富士通 ソーシャルクラウド事業開発室
川井 大輔

今回のテーマ:農業クラウド

「日本の農業をもっと強い産業にしたい。」
そんな想いで富士通は、ICTを活用して農業経営・生産の効率化や人材育成に取り組んでいます。この美味しいみかんづくりへの取り組みもその一例です。気温、降水量などセンサーによって収集した情報や、スマートフォンで入力した作業記録や所管などを蓄積し、過去のデータと共に見える化。収穫や水やりなど各作業の適切なタイミングや問題点の対処方法の検討に役立てています。

食・農クラウド Akisai(秋彩)について

藤田誠 × 富士通の農業クラウド
見えない先進技術を印象づけるCG表現

みかん畑に、富士通の技術者が一人。スーツ姿で、手にはスマートフォンを握っている。
一見場違いに見えるが、この果樹園が彼の仕事場だ。CGで全体を制作したその意図は?

あえて“デジタル感”を残す
藤田誠

オリエンを受けた瞬間、「これは難しい」と思いました。いただいた要望は「富士通の技術を伝える」「富士通の人材にフォーカスする」「シリーズ広告としても使えるアイデア」の大きく3つ。富士通には「FMV」などPCや携帯のイメージがありますが、実はBtoB事業がほとんどを占めている。その正しい姿を伝えるのが広告のミッションです。つまり富士通の視点から発信したいという点がポイントで、一方的にしないようにするのが難しいと感じたんです。

プレゼンは2方向で提案しました。「プロジェクトX」風に技術者をフィーチャーしたドキュメンタリー案と、CGで富士通の技術者の仕事を描く案です。グラフィックで見せるのならば、前者より後者の方が向いているとCGの案に決まりました。

富士通の技術は望遠鏡から株式売買、農業、医療分野まで本当に幅広い分野で使われていますが、その中で一番意外性を感じた「農業」を選びました。

和歌山の果樹園で働く技術者の方の顔写真をCGに起こしてもらっています。CGにした理由は、IT技術の話にフォーカスしていることを、見た目で感じとれるようにしたかったから。見えない技術の話だからこそ、あえてわかりやすいCGで“デジタル感”を出したいと考えました。技術の詳しい内容を伝える役割は、ボディコピーが担っています。

広告はチームで制作するものなので、普段一人で考えることはありません。チームでディスカッションしていく過程で、アイデアがめまぐるしく変化し昇華していく。それが広告制作の醍醐味と思っているので、一人で作るのは楽しい半面、少しさみしくもありました(笑)。また、広告で僕たちがクリエイションしているのは、表現ではなく、人の心や価値観の“変化”です。今回はシリーズ広告というお話があったので、「この広告を実際に続けたら変わるかな?」と考えながら制作しました。このシリーズを続ければ、いつか富士通のさまざまな分野の技術者がCGでずらりと並んだビジュアルが作れます。その一枚は“変える” 力を持っていそうだと感じたんです。


最初の提案時のラフ

クリエイター紹介

藤田誠さん(藤田誠デザイン)の写真
藤田誠(藤田誠デザイン)
金沢美術工芸大学卒業後、博報堂に入社しアートディレクターに。2011年に独立。カンヌメディアライオン、LIAAロンドン国際広告賞、ニューヨークADC、アジアパシフィック広告賞、日経広告賞、朝日広告賞、JRポスターグランプリ、電通賞ポスターグランプリ、ほか。

関連情報


「暮らしと富士通」シリーズ 農業篇
日本の食卓に、よりおいしい実りがありますように。農作物の生産性向上、効率的な経営、食の安全・安定供給などのお役に立っていきたい。富士通はICTで農業を進化させていきます。
広告紹介ムービー・詳細情報はこちら

ブレーン × 若手クリエイター × 富士通
クリエイティブリレー

第1弾藤田誠さん
テーマ:農業クラウド

見えない先進技術を印象づけるCG表現

第3弾安田由美子さん
テーマ:農業クラウド

デジタルな数値に手描きのぬくもりを

第4弾大黒大悟さん
テーマ:DOWN-TO-EARTH

企業の人柄を伝えるタイポグラフィ

第5弾稻田尊久さん
テーマ:音声認識技術

夜の森にも富士通の技術

第6弾原健三さん
テーマ:手のひら静脈認証技術

技術がもたらす未来を想像してみたら