このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 広告宣伝 >
  3. AD World >
  4. クリエイティブリレー

ブレーン × 若手クリエイター × 富士通
クリエイティブリレー

6人のクリエイターとのコラボ広告企画

今までにない新しい視点で、かつわかりやすく当社のICT事業をご紹介したい。
そんな想いで、この月刊ブレーンとのコラボ企画「クリエイティブリレー」を、2013年2月号より開始しました。

制作を担当するのは、6人の気鋭若手クリエイター。
当社の技術者達が挑んだ数々のプロジェクト新しいウィンドウで表示の中からそれぞれテーマを選択。技術者=人にフォーカスをあてつつ、技術力のイメージが伝わる広告に仕上げています。

全く異なるアプローチで表現される6つの広告。そして、普段あまり見せることのない、撮影現場の様子や掲載に至らなかった企画案なども、月刊ブレーンの掲載に合わせて順次ご紹介していきます。

クリエイティブリレーとは?
月刊誌『ブレーン』創刊50周年を記念して、2011年から開始された特別企画。課題となるテーマに対する広告を、複数のクリエイターが持ち回りで制作、そのテーマの新しい表現を発見していきます。制作された広告は、ブレーン誌上の「クリエイティブリレーコーナー」で紹介されます。(毎月1日発売)

「ブレーン」公式サイト新しいウィンドウで表示
「ブレーン」編集部Facebook新しいウィンドウで表示

第1弾

藤田誠さん

農業クラウド

テーマ:農業クラウド

見えない先進技術を
印象づけるCG表現

みかん畑に、富士通の技術者が一人。
スーツ姿で、手にはスマートフォンを握っている。一見場違いに見えるが、この果樹園が彼の仕事場だ。
CGで全体を制作したその意図は?

第2弾

櫻井優樹さん

すばる望遠鏡

テーマ:すばる望遠鏡

技術者が見る
宇宙の夢

おだやかな表情で眠る男性。
彼の見る夢の周りには、
子どもたちが集まってきて…?
どこか幸せで、ファンタジックな世界観を持つこの広告の制作意図は。

第3弾

安田由美子さん

農業クラウド

テーマ:農業クラウド

デジタルな数値に
手描きのぬくもりを

ごつごつとした大きな手のひらに
大事そうに包まれたみかんの果実。
よく見ると、みかんを形づくっているのは、
「0」と「1」の小さな数字だ。
このビジュアルの意図は何だろうか。

詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

第4弾

大黒大悟さん

DOWN-TO-EARTH

テーマ:DOWN-TO-EARTH

企業の人柄を伝える
タイポグラフィ

暖かな色調の中に浮かび上がる「DOWN TO EARTH」の文字。
その文字を構成するのは小さな電子機器のパーツだ。
このタイポグラフィに込められた意味は。

第5弾

稻田尊久さん

音声認識技術

テーマ:音声認識技術

夜の森にも
富士通の技術

繊細なペン画で描かれた、夜の森。よく目を凝らすと、フクロウが1羽、2羽…。
技術のイメージの強い富士通と、童話のような世界観のギャップが、見る人の関心をひきつけ、広告のメッセージへと誘っていく。

NEW

第6弾

原健三さん

手のひら静脈認証技術

テーマ:手のひら静脈認証技術

技術がもたらす未来を
想像してみたら

手のひらにさまざまな国の紙幣が並ぶ。
一体これは何だろう?と
覗き込んでしまうにぎやかなビジュアルは、「手のひら静脈認証」という
富士通の技術を伝える広告だ。

詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る